tebikae

て‐びかえ【手控】 〘名〙 ①心おぼえに手許に控えておくこと。おぼえがき。また、それを書く手帳。[日国]

9月に観た映画

重大なネタバレはしてないけど、観てない人には不親切だし役立つ情報も特にない感じのやつです。

~もくじ~

映画館で観たもの

散歩する侵略者 ~3.5点!(直感採点)~

 2017.09.13 wed @新宿ピカデリー

「東京ソナタ」を観てからずっと黒沢清作品をもっと観たいと思いつつ、怖いのはちょっとな…でも配信されてるの怖そうなやつばっかりだな……と二の足を踏み続けること数年、イキウメの舞台の映画化!しかも主演が長澤まさみお姉さま!ということで、いそいそと観てきました。

まず良いなあと思ったところは、人の喋り方。特に前田敦子さんを見て思ったのですが、この映画全体的に台詞の言い方が独特じゃありません?声の出し方というか、抑揚というか。変わった喋り方をすべき登場人物もいたわけですけど、それ以外の人もなんかちょっと不思議なトーンだった。監督の趣味なのか、それともイキウメ版の演技がそうだったのか分かりませんが、面白くて好きでした。

あと、私、松田龍平の演技が上手いのか下手なのかよくわからないんですけど(好きではあるけど)、あの、棒読みなのか?味のある喋り方なのか?みたいな感じが、この役にはとてもよくはまってた気がします。妙な説得力と、とぼけた愛嬌があって良かった。

悪かったところというか、ちょっと物足りなかったのは、ところどころ話が荒かったところ。たぶん原作が演劇、それもキャストもお客さんも人数が限られるような作品だからじゃないかと思うんですけど、設定や展開のデフォルメがきつめじゃないですか。それでいて画面がわりと繊細な感じなので、ちょっと違和感がなくもなかった。

総評としては見出しの通り、3.5点って感じです。5点満点で。「特に引っかかるところがなく普通に面白い」が3点、「めっちゃ面白い!もう一回観たい!」が4点で、その間、くらいの感じ。

これを書くにあたって当日のツイートを振り返ったのですが、

気が気じゃなさすぎではないか。

 

ダンケルク ~私の知らないWWⅡ、あるいは上等なセーターの話~

2017.09.17 sun @ユナイテッドシネマとしまえん

嫌っていうのは、映画に対してではなく、映画の中で起こってる出来事に対してで、すごい爆弾来る!!すごい死ぬ!!水が!!息が!!うえーん!!みたいな……最近涙腺の幼児化が止まらなくってね!!

あと、自らすすんでIMAXにしたくせに、そのために豊島園まで遠征したくせに(2DでIMAXというのがなかった)、音が大きすぎて怖いよお!!うえーん!!ってなりました。それくらい音の迫力がすごかった。逆に言えば、いい音で観る意味があるということかもしれない。怖いけど。

 

いやあ、ほんとうに。自分がこんなに第二次世界大戦について知らないとは思いませんでした。

日本が直接戦った最新の戦争であり、一番身近な戦争のはずなのに。太平洋戦争以外の部分を全然知らなかったこと、そしてそのことに気付いてすらいなかったことに、序盤はとにかく衝撃を受け通しでした。すごい、全然知らない!これも知らない!どれも!知らない!!って。

これはさすがに私が聞き逃しただけで本編でも説明してたんだと思うんですけど、はじめダンケルクがどこの国かも分からなくて、「イギリスから海を渡って助けに来るってことは、イギリスではない…そしてどうやらドイツでもない……」って余計な処理に脳のメモリを使ってしまいました。

面白いらしいと聞いたらそれ以上の情報を遮断したまま何の話かも知らないまま観にいくっていうのを結構やるんですけど、今回はそれが災いして、「ダンケルクはどこだ」っていう無用のミステリ要素を足してしまう結果に。

これから観るみなさん、ダンケルクはフランスってことだけは覚えていった方がいいよ!

私にとっての第二次世界大戦って、圧倒的に終戦間近の夏の広島長崎沖縄だし、そうでなければヒトラーだったんだな、と思った。

で、そういう題材の映画って、国民服だったりもんぺだったり、ヨーロッパの話でも質素な服を着てるじゃないですか。画面のトーンも暗くって。

でも、この映画に出てくる市民はかわいいセーターを着ているし、戦場にいる海軍中佐もコートの下にタートルネックのセーターを着ている。

戦地から撤退するために民間の小舟を徴用する程度には切羽詰まっていたはずなのに、対岸のイギリス本国の国民はあんまり困窮してる様子がないんですよ。街はちらっとしか映らないけど、少なくともそこそこちゃんとした服を着て、戦地に向かう船に紅茶のポットを積むことは出来ている。

こりゃあ国民服ともんぺ着てるようでは勝てませんわ!と思った。映画だから、きれいめに描かれているのかもしれないけど。

戦争映画のわりにきれいだったのは服装だけじゃなく、映像全体もそうか。ぐちゃぐちゃどろどろしたおぞましい感じのものは全然映らなかったですよね。賛否あるんでしょうけど、死体とか悲惨な映像が出てこないのが逆に怖かったような気もしました。

あと、終盤にかけてぐーっとまとまっていく構成テンション上がるとか、これほんとうに飛行機飛ばして撮ったのか、すごいなあ、とか、いろいろ思ったことはあるんですけど、他の人がもっといい感じに言ってると思うのでそちらに任せます。

 

おまけ:セーターがみんなよかったなーという絵日記。ストイックな内容のわりにツイッターで結構ファンアートを見かけたんですけど、わかる~~。なんか、絵を描きたくなる映画でしたよね~~。

f:id:katanoina:20171128223438p:plain

 

配信で観たもの

市民ケーン ~アメリカの映画孤独な大富豪好きだよね~

2017.09.01 fri. @U-NEXT 

オールタイムベストで必ずと言っていいほど名前挙げられてるのわかるな~って感じでした。物語はシンプルだし、ものすごい驚きとかはないけど、しっかり面白い感じ。

一気に観た方がいいと思います。あとスマホの画面で観ない方がいい。はちゃめちゃ肝心なものを見逃して、台無しになる恐れがあります。

吹き流しっていうか、ラブホの入口のカーテンって言った方がわかりやすかったですかね。

 

メメント ~アメリカの映画すぐ人がキレる~

2017.09.18 @dTV

というわけで観てみました。

クリストファー・ノーランは昔から時系列ばらばらおじさんであることが分かりました。面白かったです。