tebikae

て‐びかえ【手控】 〘名〙 ①心おぼえに手許に控えておくこと。おぼえがき。また、それを書く手帳。[日国]

おもったこと

懐かしさとは

私にとって、ふるさととは眺めるものだった。 水田、丈の低い野菜の畑、点在する木造家屋。大きな麦わら帽子を被ったおばさんが、何か農作業をしている。手拭いを肩にかけたおじさんの運転する軽トラックと、ヘルメットをかぶった中学生の自転車が、畦道をす…

食べられる食べられない問題

食べられるか食べられないか、という問題に、最近よくぶつかる。 食っていけるいけないという経済事情の話ではなく、食うか食われるか!?という弱肉強食の話でもなく、食材や料理を食べても大丈夫かどうかの判断の話だ。 買ったばかりだったり賞味期限や消…

みそ汁との和解

実家を出て7か月半にして初めてみそ汁を作った。はじめからだしが混ざってるみそで、すごく簡単なやつだけど、たぶん小学校の調理実習以来だった。 みそ汁を作るぞ、と決めて買い物をしていたわけではなく、冷しゃぶを作ったら茄子ともやしが余って(冷しゃ…